作品

篆刻作品

無為にして尊き者は天道なり、有為にして累わしき者は人道なり。

 

『無為而尊者天道也  有為而累者人道也』

                                  《荘子 外篇 在宥》

 

無為自然(こざかしい策を使わず)の行いは尊く、天意にかなった道であり、有為(策を労して)にて話を面倒くさくしてしまうのが多くの人の行動である。

 

It is precious to do without using any trick, it is Smart and obedient to natural development.

but  many people used the  unethical means and make the story troublesome.

 

 

自然无为(认为宇宙万物的存在及发展都是自然而然的﹐不受任何意志的支配的)行为应该是被尊重的,顺应天道。有为(企求超出了自然无为的规律就会出现种种有为之弊害,转化为贪欲)会让事情变得更加麻烦。

心に逆らうこと莫し

『莫逆於心』

 《荘子   内篇   太宗師

 

心の命ずるまま忠実に行動する。

また互いに思ろところが一致に相反することがない。

 

with complete mutual understanding

finding each other congenial

 

 

心中没有抵触。指情感一致,心意相投。

窮を醜とせず

『不醜窮』《荘子   外篇   天地》

 

困窮してもその境遇を恥としない。

 

Do not feel shame for the  poverty. This is to advocate to let nature take its course, conforming to nature without desire for fame and fortune.

 

 不因困而得耻辱,是主要以淡泊之心待一切事物,顺应自然而没有名利之欲。

 

 

日に心を以って闘う

日以心闘』 《荘子 内篇 斉物論》

 

毎日心を尽くして、様々なものと闘っている。

 

Every day I do my best and fighting various things.

 

 

要去探求万物,每天就会有不同的东西来挑战你的心(为万物有很多种变化)。

成るを進むる無かれ

無勧成』

  《荘子 内篇 人間世》

 

仲を取り持つために強引にことを進めてはいけない。自然の成り行きを待つのがよい。

 

Do not push forcibly to get on with one another.

It is good to let a thing slide, let nature take its course.

 

 

不要对别人过度地要求。顺其自然。

方(ほう)の外(そと)に遊ぶ

『遊方之外』

《 内篇 大宗師

 

形式や決まり事の枠に縛られずに楽しむ。精神世界に遊ぶ。

 

Emphasize the natural and automatic nature of the human heart, and enjoy the spiritual world without rigidly adhere to form.

 

 

人内心自然自的秉性,不拘泥形式,享受精神世界

水の道に従って、私を為さず

『従水之道而為私焉』

《荘子   外篇   達生》

 

 川の水の流れにはゆく道があり、その流れに従って無理に逆らわない。境遇に逆らわないことが、生を全うする道である。

 

  We have to swim along the water, instead of relying on our own private thoughts, , so that we will not be in vain.

 

 

 水有为水之道,们要顺着水游泳,而不可依自己私念,逆水性而上游,这样才不致于白费力气。

千里に適く者は、三月糧を取む

『適千里者三月取糧』

《荘子 内篇 逍遥遊》

 

千里の遠いところに行こうとするものは、三ヶ月前からその食糧の用意にかかっていなければならない。

 

 

同様に遠い人生をわたるためには、修養の時期に相当の時間をかけておかなければならない。

1