作品

篆刻作品

千里に適く者は、三月糧を取む

『適千里者三月取糧』

《荘子 内篇 逍遥遊》

 

千里の遠いところに行こうとするものは、三ヶ月前からその食糧の用意にかかっていなければならない。

 

 

同様に遠い人生をわたるためには、修養の時期に相当の時間をかけておかなければならない。